一般検査

当院では患者さんに診断有用なX線撮影を心がけており、最新機種FPD(フラットパネルディデクター)を用いて、安全かつ迅速な撮影を心がけております。
また、日頃から撮影技術の研鑽・X線機器管理・定期的にメーカーの点検も行っており、患者さんに安全な医療をご提供致します。

CT撮影

64列マルチスライスCTの導入により、患者さまには迅速かつ診断に有用な画像の提供が可能です。整形外科の患者さんは骨折等痛みの強い場合が多々あります。当院のCT検査は検査室に入室してから約5~10分、手関節の撮影は約2~3分で終了致します。脊椎疾患などの患者さんには一時的に息を止めていただくことになりますが、長くても7~10数秒の息止めで撮影が可能です。
安全に検査を進めてまいりますので、ご不明な点やご不安な点がございましたら、放射線科にお問い合わせください。

MRI検査

1.5T(テスラ)装置により、微細な疾患等高精度に描出が可能です。長くても約20分で検査は終了致します。ペースメーカー・シャント・体内埋め込み式心電計など体内に金属がある場合は、検査が出来ない場合もございます。
検査予約時には医師・看護師より注意点や問診がありますが、ご不安な点などございましたら、放射線科にお問い合わせください。

X線透視装置

当院では、全ての透視装置にFPDを採用しており、迅速かつ患者さんの被ばく線量を少しでも低く抑えるよう安全に検査を行っております。

PAGE TOP